教育目標
沿革  歴史  校歌  屋上からの風景
キャッチフレーズ(合い言葉)

−教育目標−
豊かな心をもち、自己の能力を最大限に発揮できる心身共に健全な子どもを育成する。
(自分のよさを見つけ、目標に向かってチャレンジしていく子)

目指す児童像 進んで学ぶ子(知育) 協力する子(徳育) たくましい子(体育)
具体目標 ○意欲的に学習に取り組み、学力が身に付いている子 ○思いやりがあり、友達と仲良くできる子 ○進んで運動に取り組み、体をきたえる子

−学校経営方針−
  新和小学校は、児童にとって「毎日通いたい学校」、教職員にとって「働きがいのある学校」、保護者や地域の方々にとって「通わせたい自慢の学校」でありたい。そこで、
 ◯全教職員が、公務員としての使命と責任を自覚する。
 ◯全教職員が本校児童の担任という意識をもち、全学校・学年・学級の一貫した経営に努める。
 ◯全教職員が共通理解のもとに校務分掌に取り組み、学校経営に積極的な参画する。

目指す学校像
○ともにふれあい、学び合い、子どもが主人公の学校
○安心・安全で、きれいな学校
○地域に誇れる開かれた学校
目指す教師像
○情熱と愛情をもつ教師
○凡事徹底のできる信頼される教師
○協調性があり、磨きあう教師
○社会の変化に対応できる教師
○心身ともに健康な教師

−平成30年度の主な重点課題−
1 希望をはぐくむ教育の推進
  ◯細かい成長に気付く目をもち、ほめて伸ばす教育の実施
  ◯ワークライフバランスの実施
2 知育の推進
  ◯付けたい力を明確にした授業展開による算数・国語の基礎学力の向上
  ◯考え、理解する活動の充実(シェアリング・フィードバックタイム等)
  ◯学習状況調査結果を分析し、それらを生かした指導の充実
3 徳育の推進
  ◯考え、話し合う道徳授業の実施と教材研究の充実
  ◯家庭、地域等と連携したふれあい体験活動の意図的・計画的な実践
4 体育の推進
  ◯新体力テスト検査結果を分析し、改善策の実行
  ◯むし歯治療率の向上
  ◯交通事故ゼロを目指した交通安全指導の徹底
5 コミュニケーションの醸成
  ◯「心を潤す4つのことば」の推進
6 生徒指導・教育相談・特別支援教育の徹底
  ◯学習規律や生活のきまりの徹底
  ◯心と生活のアンケート、人間関係プログラムの調査を生かした生徒指導・教育相談の実施
7 全員参加の学校づくりの推進
  ◯教職員一人ひとりの経験や特性を生かし、チーム(複数)で対応
8 研修の充実
  ◯日々の授業に生きる研修の推進
9 家庭・地域との連携の充実
  ◯開かれた学校づくりの推進
  ◯各種関係団体とのつながり強化